2018年10月28日

お客様からのプレゼント

街はハロウィンで賑やかに。
和菓子やお干菓子もハロウィン仕様のものをよく見かけたり、とても可愛らしいです。

先日、カナダのお客様からこんな可愛いモノを頂きました。
手作りされたジャックランタンです。
(ジャック・オー・ランタンとも言うようです)
ジャックの提灯という意味で火をともせるように作られています。
もちろん頂いたカボチャにも頭があって、中にロウソクが入るようになっています。

P1010185.JPG

P1010186.JPG

そのお客さまは2回来店されたんですが、1回目に来店してくださったときにハロウィンのお話を何気なくしたところ、なんと次の来店の際にこのカボチャのジャックランタンを持ってきてくださいました。

そして更に驚くことに、このカボチャの顔は”お箸”で削られたそうです。
普段はナイフで削られるそうですが、ナイフが無かったため滞在先のホテルで”お箸”で作ってくださいました。
それを聞いた時、本当にお客様のお気持ちが嬉しかったです。
さらに、「ハロウィン」というお祭りの由来などが書いた紙も一緒にいただきました。

P1010199.JPG

ハロウィンは元々はアイルランドの民族によるお祭りで、アイルランドではカボチャではなく”カブ”で作られていたそうです。
しかしアメリカにハロウィンの習慣が広まった際にカブが無かったため、カボチャを代用したところからカボチャのジャックランタンが作られたそうです。

他にも色々ハロウィンのお話をお聞きしながら、カタチだけでしか知らなかったハロウィンの本来の由来や時代の背景を知れて、それと同時に日本のお祭り事や行事も大切にしたいと感じました。
ハロウィンとかたちは違いますが、秋の収穫をお祈りしたりご先祖様を想ったりするという意味では同じですし、日本での習慣も同じように大事にしていきたいです。

普段は何気ない”ハロウィン”でしたが、今年は少し違った気持ちで楽しめそうです。
P1010188.JPG
posted by birendo at 18:46| Comment(0) | 日記