2019年03月08日

学生さんの見学

先日、京都市立下京中学校の生徒さん6名がお店に見学へお越しいただきました。
京都の職人さんのところへ話を聞きにいくという授業だそうで、グループに分かれて色々な職種の職人さんのお店へ行かれているそうです。
30分と短い時間でしたが、皆さん”学活ノート”を手にお話したことをメモしながら熱心に聞いてくださいました。

facebook3.jpg

簾の話や、座敷簾で明るい部屋と暗い部屋からの見え方なども実際に体験していただきます。
写真(↓)左側にある座敷すだれの奥に男子生徒さんに入っていただきました。
座敷すだれの中は電気を消しているので、こちら(明るい部屋)からは男子生徒さんは見えません。
交代して女子生徒さんにも入っていただきました。
皆さん、源氏物語の世界を体感していただけたでしょうか。

blog.jpg

また最近のすだれの使い方として、すだれの敷物の”茶敷”をご紹介しました。
せっかくなので、茶敷を使ってお煎茶のしつらえを。
”玉露”をみなさんに召し上がっていただきました。
お茶についてお聞きすると、学校でも茶道の時間があるようで「このあいだもお抹茶飲みました!」と話しくださいました。

facebook2.jpg

質問タイムでは「何年お店は続いていますか?」や「簾は何年くらいもつのですか?」など色々と質問をしてくださいました。
印象的だったのが「働くとはなんですか?」という質問。
改めて考えさせられる質問に、答えがなかなかでませんでした。
皆さんにとって”働く”とはなんでしょうか?

生徒さんにも「将来やりたいお仕事はありますか?」とお聞きすると、まだ色々と考えられている様子でした。
少しのお時間でしたが、お仕事をご紹介させていただき「こういうお仕事もあるんだな」と知っていただけると嬉しいです。
下京中学校の皆さま、お越しいただき有難うございました。
posted by birendo at 14:35| Comment(0) | 日記