2017年11月04日

ホテルの朝食ルーム

前回ご紹介したミラノのホテル内の「朝食ルーム」です。
朝食ルームは地階にありますが、大きい窓があるため明るいです。
その窓から、地上の道行く人も見えるのでとても開放的な雰囲気です。

朝食ルームでお使いのすだれの幅は広く、幅約2m。
まわりの裂地は「白×黒」の段染め ( 段に染めている模様 ) です。

ミラノ レストラン.jpg

この「白×黒」と言う組み合わせは、日本では仏事をイメージしてしまうため、あまり好まれません。

P1260991.JPG

しかしこちらの朝食ルームでは、インテリアが「黒」色のもが多く、お使いのすだれともマッチしていました。幅が広く 大きい簾ですが、とても調和していたことに驚きます。

P1260992.JPG

このすだれはバックヤードの“目隠し”としてもお使いですが、空間の中での”インテリア”という役割が大きいです。すだれの用途は日本と同じでも、国を超えるとこんなに雰囲気や見た目が違うということに新鮮さを感じました。

そして、私たちもこちらの朝食ルームを利用させていただきました。
朝食内容はバイキングスタイルでイタリアの生ハムやチーズもあり、注文すると卵料理(スクランブルエッグやオムレツ)も頂けます。食後にはエスプレッソやカプチーノなども淹れてくださり充実していました。

さらにこちらのホテルでは朝食のとき、弊社のすだれのランチョンマットを使ってくださっています。
次回はそのお使いのランチョンマットをご紹介いたします。
posted by birendo at 18:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: